FC2ブログ

【FT】魔術師の城塞(ベルガリアード物語4)

本→ベルガリアード物語
03 /23 2006
『魔術師の城塞 ベルガリアード物語4』
デイヴィッド・エディングス
ハヤカワ文庫FT
eddings-BELGARIAD4.jpg

あらすじ

『珠』を奪還したガリオンたちは『珠』が本来あるべき場所-リヴァの広間へと運ぶ。
しかし、『珠』を巡る物語はガリオンをさらに混沌とした運命へと誘った。

ベルガリアード物語第4巻。
/////////////////
感想とか

普通の少年ガリオンから「リヴァ王」へとなっちゃった...
なんていうか「これぞファンタジー」という王道といっちゃあ王道だけれども、王になってあたふたしているのはガリオンではなく、別の国の王女であるセネドラってところがミソなのかもしれない。
自分よりも高い地位へと普通の少年がなってしまう、そして王としての責務も背負ってしまう。
今まで地位があったからこそ、セネドラのアイデンティティは保たれてたけれども、自分の隣に立つ者が自分より上の地位に行ってしまったら……
セネドラはセネドラではなくベルガリオンの妻になってしまう。
その狼狽っぷりがこの4巻の魅力なんだろうなぁ。
しかも愛しているがゆえのこの行動がなんともw
最近の流行語でいうとツンデレってやつだろうねぇ。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。