FC2ブログ

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 6

コミック→アオバ自転車店1期
01 /28 2010
並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 6
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 vol.6 (少年画報社文庫)並木橋通りアオバ自転車店 vol.6 (少年画報社文庫)
(2010/01/25)
宮尾 岳

商品詳細を見る

これさえあればどこにだって行けるって思うもの
ひょっとしたら空だって飛べるんじゃないかって

並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 6』本文より

これで半分まで到達。
文庫版6巻目の『並木橋通りアオバ自転車店』。

うーん。
やはりアオバの小さい時とか、工作さんやワカバさんの話は好きだ。
特にアオバがはじめて補助輪の取れた自転車に乗る話とかねぇ。
はじめて乗って行動範囲が広がって、隣町まで行くのが冒険であったり。
今度は隣の市へ行き、県境を越え、ってね。
そのたびに感動ってものがあったよなぁ。
そんなことを思い出させてくれました。


ロードにMTBにビーチクルーザーからシティサイクルまで。
どんだけ多種多様な自転車を取り扱うつもりだといいたくなるほど、本当に幅広いジャンルの自転車取り上げてるよなぁ。
今までもそうだったけど、この文庫6巻目なんて特にそうだと思う。

時代の流れかもしれないけれども、この頃はいろんな自転車を物語と絡めながらってスタンスだよなぁ。
今は社会派といえるような話も多く出てきているような気がする。
特に昨今の自転車ブームからもいろいろ議論されているようになってきているしなぁ。
時代の流れなのかもな。


6巻の表紙イラストは黒ちゃんとCannondale BadBoy。
写真は…アカネさんのポケットロケットっぽいけどなんだろう。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。