【ドラマ】ROME[ローマ] 最終話

海外ドラマ(番組)→Rome
05 /10 2010
ROME[ローマ]
最終話 「第一の市民」 De Parte Vostro (About Your Father)

ROME [ローマ] 〈後編〉 [DVD]ROME [ローマ] 〈後編〉 [DVD]
(2009/08/12)
ケヴィン・マクキッドレイ・スティーブンソン

商品詳細を見る


「ROME[ローマ]」最終話。



冒頭の時点でアクティウムの海戦が終わってて呆然とした(笑
てっきりこれがラストと思ってたのに。

さらりとおおきな戦いが終わり、エジプト最後の日に焦点が当てられていた。
うまいなぁ。
こうくるか。

最後の日のアントニウスとクレオパトラのやりとり、それにエジプトに攻め込んだオクタヴィアヌスの絶妙な会話の緊張感がひしひしと伝わってきた。
今後のローマをエジプトをどうするのか、そして自身の扱いがどうなるのか。
その葛藤が、ね。

葛藤後のコブラを使っての自殺した姿と高貴さのまたなんと美しいことか。
玉座の上での自殺を含め最後の最後まで自身のプライドを貫いた女王だったな…


エジプトとの戦いが終わったあとの凱旋式と第一の市民として共和制をはじめるときにも、アティアがっ。
最後の最後までこの人は盛り上げてくれるよな(笑
もうほんとこの人あってのこの物語だったと思う。


最後に。
ヴォレヌスとプッロの二人の友情にじーんときた。
激動の時代を駆け抜けて、そして最後の最後にローマへの彼らの凱旋とささやかな家族のひと時のシーンが、な。
オクタヴィアヌスの凱旋との対比もあるんだけれども、余計に彼らの戦い抜いた時代の終焉が感じられて余計に「ああ最終回なんだ…」と感慨深く見てしまった。


このドラマを最後まで見て、今までよりもずっとこのローマという街の歴史が好きになれた気がする。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。