FC2ブログ

【コミック】エンジェリックハウス

コミック→安野モヨコ
06 /07 2010
エンジェリックハウス
安野モヨコ
Amie連載
全1巻
エンジェリック・ハウス (Amie KC (30))エンジェリック・ハウス (Amie KC (30))
(1999/02/09)
安野 モヨコ

商品詳細を見る

大人も子供も男も女も…
みんなすごい大変で 苦しくってしばられてて犯罪も多くて
でもみんな生きてるんだ
それが…… それがすごく楽しそうだよ

エンジェリックハウス』本文より

安野モヨコの終末思想×音楽という異色の組み合わせのコミックだった。
懐かしい。
そうそう。
この終末っぽさが本当に漂ってたのだから90年代終わりっていま考えると面白い(笑

意思も感情もなくなってしまった未来から見て、90年代とはどのようなものだったのか。
その音楽に満ち溢れていた時代、そして崩壊に向かう前触れの時代っていうのは感情がない未来側から見たらどう感じるだろう。
むしろそれを終末思想とくっつけたらどうなるんだろうかという実験を垣間見た気がする。


このマンガをこのマンガがでた90年代の終わりに読んでいたら今と違う感想を抱くに違いない。
なんとなく感じていた未来への不安とか、壊れていっている地球とか。
そういうネガティブな雰囲気がどことなく漂っていた時にこれを読むのと、21世紀のはじまりすら一昔前である現在とでは感想なんてまったく違ったものになるだろうしなぁ。


ただただこのマンガから感じる時代というものを懐かしく感じました。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。