FC2ブログ

【ミステリ】琅邪の鬼

メフィスト賞→丸山天寿
08 /17 2010
琅邪の鬼
丸山天寿
講談社ノベルス
琅邪の鬼 (講談社ノベルス)琅邪の鬼 (講談社ノベルス)
(2010/06/08)
丸山 天寿

商品詳細を見る

「私は墨者です」残虎は繰り返した。
「私は人の生命を救う巫医です。戦に加わり敵を殺すのは本意ではありません。が、攻めて来る敵とは戦います。弱者を守るためなら私は武器を取ります。防衛力を持たない非攻は意味がないのです」

琅邪の鬼』本文より

第44回メフィスト賞受賞作『琅邪の鬼』。
始皇帝時代の中国の都市のひとつ、仙界に至るもっとも近い場所と言われた琅邪の町での事件が描かれる。

中国武侠小説だーー。
しかもミステリ!
読後感も素晴らしい。
ってかすんごい。
口があんぐり。

この世界観でありながらミステリだと!?

しかもすんごい事件だった。
死んで蘇って外に出て、再び棺の中に自ら戻り死んでいた。

なんだよ、それと言わんばかりの内容。
当時の言葉や職業などなど、見慣れない言葉もたくさんでてくるけれどもすんなり頭の中に入ってくる。
うんちくがすっと理解できるような書き方だったから読みやすかったし。

あぁ、これは、この本は面白い!

コメント

非公開コメント

トラックバック

読書日記301:琅邪の鬼 by丸山天寿

タイトル:琅邪の鬼 作者:丸山天寿 出版元:講談社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 始皇帝時代の中国、商家の家宝盗難をきっかけに、港町・琅邪で奇妙な事件が続発する!「甦って走る死体」、「美少女の怪死」、「連続する不可解な…

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。