FC2ブログ

【コミック】チェーザレ 8

コミック→チェーザレ
11 /01 2010
チェーザレ 破壊の創造者 8
惣領冬実
モーニング連載
チェーザレ 破壊の創造者(8) (KCデラックス)チェーザレ 破壊の創造者(8) (KCデラックス)
(2010/10/22)
惣領 冬実

商品詳細を見る

重要なのはどれだけ長く政権を維持できたか――
長きにわたる政権維持こそ絶対的な指導者としての証なのです

チェーザレ 8』本文より

チェーザレ8巻。
イタリア旅行後に読むとゾクゾクする。

今巻はフィレンツェ共和国と教皇領、そしてフランスからの侵攻と関係のあるトリノのあるピエモンテや貿易国ジェノバとも関係ある話だけに。
全部場所も位置関係も分かるようになったし、どこがどういうふうに拠点を取り合いしているかもなるほどと思いながら読んでいた。
だからどれだけフィレンツェは重要な拠点だったのかも納得。
南にローマ、西にピサと港、北にはボローニャやイモラ、そしてエミリア街道が走っているわけだしな。

しかし、こう15世紀になってもなおもっとも強大な力を持っていた時代でもあるローマ帝国が敷いた街道のもつ意味とういのは大きかったんだな。

トスカーナを含む民衆からの支持も厚いフィレンツェが崩壊でもしようもんなら四方八方から攻撃を受ける可能性があるという現在、この逆境を乗り切るのか。
状況説明がほとんどの話なはずなのに、なんでこんなに興味深く読めるように構成できてしまうのか不思議。
ここからはじまる激動の1492年。楽しみだ。


フィレンツェの街の描写やピサからフィレンツェへ向かうトスカーナの風景の再現っぷりに脱帽。
すごいわ…
ドゥオーモの北のメディチ家とかも行っておきたかったなぁ。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。