FC2ブログ

【小説】鬼神伝 龍の巻

メフィスト賞→高田崇史
11 /04 2010
鬼神伝 龍の巻
高田崇史
講談社ノベルス
鬼神伝 龍の巻 (講談社ノベルス)鬼神伝 龍の巻 (講談社ノベルス)
(2010/10/07)
高田 崇史

商品詳細を見る

『鬼』というのは戦う『神』のことだ。そして『神』は我々『人』の祖先。また『人』は『仏』となる。つまり、鬼も神も人も仏も、みな同じ

鬼神伝 龍の巻』本文より

鬼神伝』3作目。

鎌倉幕府の時代。
北条時宗の治世においての鬼と人との戦いが描かれる。
そして再び天童純がこの時代に飛ばされるわけだが。

鬼と人との戦い以外にも日蓮や某刀家事やら細々としたところでも魅力的な要素がいっぱい。
戦乱という戦乱が当てはまるような3作目だけど歴史的な解釈もふんだんに取り込んでどこまで濃くする気だ。

もはや子どものためのミステリーランドという枠を飛びぬけて面白さを前面に出してきてるよなぁ。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。