FC2ブログ

【ラノベ】さみしさの周波数

本→乙一
05 /28 2006
さみしさの周波数
乙一
角川スニーカー文庫
さみしさの周波数 (角川スニーカー文庫)さみしさの周波数 (角川スニーカー文庫)
(2002/12)
乙一

商品詳細を見る

乙一の短編集。

『未来予報』
もしも未来を不完全ながらも予知できたら。
けれども未来は当然変わりいくもので、そうはならないかもしれない。
セツナイ系だなぁ。

『手を握る泥棒の物語』
そういえばこれは映像化されていた気がする。
壁に穴を開けて財布を盗み取ろうとしたらそこは違った人の部屋だった、というだけの話をよくここまで感動できるものにできるよなぁ。

『フィルムの中の少女』
ホラー?
もしかしたらSFミステリかもしれん。
フィルムの中に写っていないはずの少女が映っており、再び再生するとさっきよりも少し振り向いているような気がする、という話。
まさかあんなところに物語が着地するとは。

『失はれた物語』
同名短編集の文庫版が来月出るらしい。
ここまでやるか。・゚・(ノД`)・゚・。
右腕しか触感が残っていない男のあったらあったでいやなお話。

コメント

非公開コメント

トラックバック

さみしさの周波数 乙一

「お前ら、いつか結婚するぜ」そんな未来を予言されたのは小学生のころ。 高校を出ても迷走するばかりの僕にとって、彼女を思う時間だけが灯...

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。