FC2ブログ

【コミック】冷たい校舎の時は止まる 3

コミック→冷たい校舎の時は止まる
01 /01 2011
冷たい校舎の時は止まる
原作:辻村深月
漫画:新川直司
月刊少年マガジン連載
冷たい校舎の時は止まる(3) (KCデラックス)冷たい校舎の時は止まる(3) (KCデラックス)
(2009/03/17)
新川 直司

商品詳細を見る

「ほんのささいなことが幸せなんだよ」って
「生きてることは――幸せにあふれてるんだよ」って

冷たい校舎の時は止まる 3』本文より

自然現象ではない非現実的な力によって閉じ込められた生徒たちは一人又一人と消えていく。
死体が出るわけではなく。
彼らは脱出できたのか、それとも。

どうやって出るのか。
それよりも最後まで取り残されるのは誰なのかという仮説が出てくる。
もちろん彼らがどうなったのかはまだ描かれない。
それゆえの恐怖と真実とこの世界のルールがひとつひとつ丁寧に解き明かされていき、登場人物たちの自分の心と対面するかのような描写の数々が深々と沁みてくる。

ミステリだけれども、心の対峙、それも心が密室を作り出すかのような青春ミステリの様相を見せてきたなぁ。
特にマンガという媒体を使っているので、すごくストレートの登場人物たちの心情が伝わってくる。


ホラー×ミステリ×学園ものってものすごく相性いい組み合わせのような気がしてきた。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。