FC2ブログ

【ミステリ】二の悲劇

本→ミステリ
01 /14 2011
二の悲劇
法月綸太郎
祥伝社文庫
二の悲劇 (ノン・ポシェット)二の悲劇 (ノン・ポシェット)
(1997/07)
法月 綸太郎

商品詳細を見る

何だかんだ言っても、ぼくは自分の選んだ道に誇りを持ってる。この二十世紀の黄昏の時代に名探偵として立ち会えることに、猛烈なスリルを掻き立てられている。

二の悲劇』本文より

法月綸太郎の『二の悲劇』。

むぅ。
二人称のパートという謎のパートに、被害者の残した手記。
そして法月綸太郎が首を突っ込むパートなど、さまざまな視点から語られ紐解かれる物語。

OLが殺され容疑者も死に至りと謎が謎を呼び、現実/虚構の狭間を行ったりきたりしながら進む展開はまるで迷宮のよう。
登場人物たちの心理を紐解いていったときの絶句するラストの心地よさ(ある意味悪さ)はたまらないものがある。
ラスト読んでからもう一度読むとまた違った趣が得られそうな本だよなぁ。


やっぱり法月綸太郎の本は長編が非常に面白いとあらためて思った。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。