FC2ブログ

【ミステリ】琅邪の虎

メフィスト賞→丸山天寿
03 /04 2011
琅邪の虎
丸山天寿
講談社ノベルス
琅邪の虎 (講談社ノベルス)琅邪の虎 (講談社ノベルス)
(2010/12/07)
丸山 天寿

商品詳細を見る

人は他人に必要とされている限り生きていかねばならん

琅邪の虎』本文より

琅邪を舞台にしたミステリであり武侠小説でもあるようなシリーズ2作目『琅邪の虎』。

長年生きた虎が人になる。
そしてその虎人に喰われた人もまた彼らの側の人ならぬ者となる。
琅邪の町を襲う虎。

果たして伝説は本当なのか。
それとも人の仕業であるのか。
再び知識や武力をもってして事件の解決へと乗り出していく。


前作よりもよりミステリ。より神秘的な事件。そして猟奇的。
なんだこのパワーアップっぷり。

中国の伝説にある人が虎になるというのを題材にしながら、それをミステリに落としこんでしまう。
秦の時代背景や民衆に軍隊といった要素をてんこもり。
探偵が解決に乗り出すだけじゃなく、町そのものが主人公のような気すらしてくる。

そしてラストの大立ち回りに謎解きも非情に魅力的だった。
読後感もすっきり。
まるで時代劇。
アクションからはじまり謎解きに教訓にエピローグに。

構成が巧すぎる。
典型的なんだけれども、謎の見せ方解決方法が楽しくて仕方ない。

次回作にも期待してます。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。