FC2ブログ

【小説】草の竪琴

本→T.カポーティ
04 /07 2011
草の竪琴
THE GRASS HARP

トルーマン・カポーティ Truman Capote
訳:大澤薫
新潮文庫
草の竪琴 (新潮文庫)草の竪琴 (新潮文庫)
(1993/03)
トルーマン カポーティ

商品詳細を見る

だが、ああ、自分の本性を見すかされまいと、お互いに身を隠すのに費やすエネルギーときたら!

草の竪琴』本文より

カポーティの長編2作目。

またしても人間関係のややこしさというか、繊細さというか、壊れやすさというか。
かといって前長編の時のような直接的に訴えかけることもなく、より客観的により繊細になったような感じがする小説だ。
しかも16歳の少年が主人公。
ああもう。
カポーティのもっとも得意とするような内容を再現する年齢だよな。

タイトルのように草の揺れるさま=人のささやく声すら聞こえてくるような騒々しさ。
決して涼やかとは言えないあたりがカポーティだよなぁ。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。