FC2ブログ

【小説】極北クレイマー

本→桜宮サーガ
05 /09 2011
極北クレイマー 上下
海堂尊
朝日文庫
極北クレイマー 上 (朝日文庫)極北クレイマー 上 (朝日文庫)
(2011/03/04)
海堂 尊

商品詳細を見る

「それならいいのです。けれどもこの一件に関しては不穏な動きがある、という情報が上がってきています。それは医療と司法の確執という、社会の枠組みの変貌とその未来を懸けた権力闘争の変形、その代理戦争でもあるのです。そのために私のような者がこうしてここに派遣されてきた、というわけでして」

極北クレイマー 上』本文より

桜宮サーガのひとつ。
だけれども桜宮市ではなく、極北市という別のところが舞台。

財政再建団体となった市の中にある腐敗した、というより無気力にならざるを得ない医療に携わる者たちの話。

面白かった。
どこかの実在するところを彷彿とするような地域医療の現場のやりようもない現状の描写。
医者不足やお金の不足によるサービスの低下。
もちろんそこから人材の低下や医療を行う側のモチベーションの低下も起こってくる。
この負のスパイラルの描き方といったら見事と言わざるを得ない。
一体医療は何を優先するべきなのか考えさせられる。

財政難を立て直すための様々な策を練ったりしても、今度は現実の資金難と司法による壁が阻んでくる。
もうほんと救いようのない状態からの最後の希望を捨て去らない医療人たちを見ると、もうそれだけで読んでて救われる。
あらためて地域医療とは、ってことに想いを馳せたくなるってなもんです。


もちろん極北市を舞台にしながらも桜宮サーガにかかわる人たちの跋扈するさまも楽しい。
姫宮がすごすぎてもうどうしようかと(笑

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。