FC2ブログ

【FT】ラプソディ(下)

本→ラプソディ三部作
07 /07 2006
『ラプソディ 血脈の子 下』
エリザベス・ヘイドン
ハヤカワ文庫FT
haydon-rhapsody2.jpg

ラプソディ三部作1作目下巻。

ラプソディと行動を共にするアクメドとグルンソルは地上を破壊しようとする火の精の奴隷であった。
しかし彼らは主を裏切り逃走中の身だった。


下巻に入って物語が一気に進んできた。
繰り返される予言に、歌い手の間で受け継がれてきた伝説が関わり、地上を滅ぼそうとする者の計画を覆すために奔走したり。



典型的なファンタジーを踏襲してるなぁ。
トールキンやC.S.ルイスといった古典から生まれた作家の一人と言われて納得。

1作目の「ラプソディ」で張られた伏線がいっぱいあるので、それらを回収するため2作目「プロフェシィ」に進みます。
(……やっぱり1作では全然終わらなかったか

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。