FC2ブログ

【ミステリ】白蛇の洗礼

メフィスト賞→高田崇史
07 /29 2011
白蛇の洗礼 毒草師
高田崇史
講談社ノベルス
毒草師 白蛇の洗礼 (講談社ノベルス)毒草師 白蛇の洗礼 (講談社ノベルス)
(2011/06/07)
高田 崇史

商品詳細を見る

「では気を付けて行って来るんだね。今きみにアドヴァイスできるのは、絶対に毒殺されずに済む方法は、たった一つしかないということだ」
「そ、それは?」
「何も触れない。何も口にしない。できれば息も止めておく」

『白蛇の洗礼』本文より

QEDのスピンオフ毒草師の2冊目『白蛇の洗礼』。

千利休のキリシタン疑惑の謎と、茶室などでの連続毒殺殺人事件を追う。

ものすごく千利休の問題と殺人事件が絡んでる!?
薀蓄がものすごく多くあるわけでもない。でも薀蓄の濃さはすごかった。毒についてや、毒にまつわる特殊な人々の話など。
そして千利休やお茶について。

それとミステリの配分がすごくよかった。
謎と歴史ミステリが見事に絡み合ってました。

さらにいうなら、毒草師御名方史紋の謎も。
ここでそう絡めるのかよっ、と。
いままでの変態薀蓄紳士だけじゃなく、彼自身の魅力もものすごく引き立ってた。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。