FC2ブログ

【映画】ダイ・ハード3

映画→映画(1980~1999)
12 /05 2011
ダイ・ハード
DIE HARD: WITH A VENGEANCE

(1995)
ダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]ダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]
(2011/11/23)
ブルース・ウィリス、ボニー・ベテリア 他

商品詳細を見る

ダイ・ハード」3作目『WITH A VENGEANCE』。

えぇ。「3」じゃないんです。英題では。
もともと違うタイトルで進めていたものを急遽「ダイ・ハード」の続編として書き直したとか。
音声解説を聞いてたらその辺の裏話も堪能できた。

さて、「3」作目。
1作目がヒットし、2作目もヒット。
3作目ともなると作る側もものすごくプレッシャーがあったはず。
しかも1作目の監督のジョン・マクティアナン
2作目の時は「レッド・オクトーバー」を撮ってて監督できなかったとか(笑
そんな監督の再登板だから期待せざるを得ない。

3作目なのに、面白い。
ラストの着地点を探しながらだったんだろうなというところ以外(笑
ラストもいいとは思う。
思うけど、シリーズものとしての着地点を見つけなくちゃいけないからあそこに落ち着けたみたいだ。

それにしても1作目との共通点であり、ダイ・ハードの当初に立ち返るような、誰にだってスーパーヒーローになる可能性がある示唆。
今回の相棒のゼウスしかり、校長先生しかり。

そしてそれを際立たせる素晴らしいスタントと爆破の数々。
説得力のあるニューヨークでの実際のロケ。
さらにオーシャンズもびっくりなあまりに知能犯すぎる犯人たちの目的。
あぁもう、その様は「1」の犯人と同じ匂いのする犯罪計画を思わせるところもあって思わずニヤリ。
さらにさらに。95年ということもあり、ターミネーター2やアビスで映画界における水のCGというのにも果敢に挑戦したりしたCGの導入ときたもんだ。

うん、素直に楽しかった!
続編であり、新作でもある映画と思わせてくれる内容が面白い!
同じ枠内同じテーマ同じキャラなど「ルール」に縛られずに、新しいものへの挑戦をしつつ、それでも続編なんだと思わせてくれる迫力は絶賛したいくらいです。


それにしても、オリジナルが「1」として、
「2」がダイ・ハードとまったく関係ない小説が原作。
「3」もダイ・ハードをまったく意識していなかった脚本を後半部分を脚色してダイ・ハードにしちゃったり。
整合性がまるでなさそうだけど、ブルースがジョン・マクレーンを演じると途端にダイ・ハードになっちゃって、それがなんの違和感もないんだからすごいよな。

監督: ジョン・マクティアナン
脚本: ジョナサン・ヘンズリー
出演:
ブルース・ウィリス
ジェレミー・アイアンズ
サミュエル・L・ジャクソン

ブルーレイ版スペック
映像:HDワイドスクリーン 1920×1080p/シネマスコープ
音声:5.1ch DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス)
字幕:日本語、英語
エンコード:MPEG-4 AVC 50GB

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。