FC2ブログ

【ミステリ】腕貫探偵

本→西澤保彦
05 /24 2012
腕貫探偵 市民サーヴィス課出張所事件簿
西澤保彦
表紙イラスト:とり・みき
ジョイノベルス
腕貫探偵 (ジョイ・ノベルス)腕貫探偵 (ジョイ・ノベルス)
(2007/12/14)
西澤 保彦

商品詳細を見る

市民サーヴィス課臨時出張所
櫃洗のみなさまへ
日頃のご意見、ご要望、なんでもお聞かせください
個人的なお悩みもお気軽にどうぞ
櫃洗市一般苦情係

腕貫探偵 市民サーヴィス課出張所事件簿』本文より

腕貫探偵』1冊目。

とこからともなく臨時出張所が出て、そこにいる腕貫をしている市役所職員らしき人の安楽椅子探偵もの。
なんとなく相談を持ちかけてみたら、すんごい秘密に辿りついちゃう。
そんな短編がいくつも収録。

全部依頼主が出張所で相談するという体裁なんだけれども、少しずついろんなバリエーションが増えてきたり。
はやく腕貫さんの出張所を出せよと思えてくる。
個性ないし、淡々と話すし、時間には厳しいし、ほんとお役人なんだけど早くこの人の登場はまだかと思えてくるから不思議だ。

日常の中のちょっとした不思議な出来事相談が、いずれも凄惨であったり、実にとんでもない秘密を抱えていたりと、主に謎がもたらすゾクリと背筋が寒くなる短編が多かった。
なんでまたそんなちょこっとしたことがそんなところへ、と(笑
このギャップがなんともたまらない。

またこの腕貫探偵は依頼主にヒントを与えるような形で、最終的には依頼人が気づくというスタンスを多くとっているところも趣があると思う。
解決編が終わった後のエピローグで真実に気付く、言うなればどんでん返しのようなスタンスがいいんだよなぁ。


収録話:
・「腕貫探偵登場」
・「恋よりほかに死するものなし」
・「化かし合い、愛し合い」
・「喪失の扉」
・「すべてひとりで死ぬ女」
・「スクランブル・カンパニィ」
・「明日を覗く窓」

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。