FC2ブログ

【映画】ライラの冒険 黄金の羅針盤

映画→映画(2007~2008)
07 /15 2012
ライラの冒険 黄金の羅針盤
THE GOLDEN COMPASS

(2007)
ライラの冒険 黄金の羅針盤 [Blu-ray]ライラの冒険 黄金の羅針盤 [Blu-ray]
(2008/07/18)
ダコタ・ブルー・リチャーズ(西内まりや)、ニコール・キッドマン(山口智子) 他

商品詳細を見る

I want to know that Dust is.

本編より

このライラの好奇心からすべてがはじまった。
この好奇心こそが世界の謎を解き、悲劇を生み出していくんだよな…

だがしかし。
原作もかなり理解していることも分かるし、どう展開させていこうとしているのかも見えているだけに残念。
三部作構想で2作目への伏線も多く張っておきながら、2作目以降が作れなくなった名作。

映画化し公開されるまでに11年かかったらしい。
技術が追い付くのを待つ必要もあっただろう。
そして原作との兼ね合いが相当に難しかったことも納得。

特にキリスト教との戦いはおそらく壮絶なものだったのだろうと思う。
実際にかなりの圧力もかかったようだし、原作から宗教観をだいぶ減らしエンターテイメント性を推してきた。
そしたら今度はキリスト教会からの反発やネガティブキャンペーン。
原作派からしたらなぜ宗教を匂わせるテーマを減らしたのかと思われ、
果ては製作のニューライン・シネマがサブプライムローンから発する金融危機とこの超大作にかけた費用によって瀕死の状態へと追いやられる。

そして2作目は露と消えた。


もったいない。
本当にもったいない。
主役の女の子ダコタ・ブルー・リチャーズの嘘つきで好奇心いっぱいで正義感のある女の子役はすごくよかった。
それに脇役のそうそうたる面々の実力。
さらにはこの現代と似ていて違う世界を再現した美術や、映画の全盛期を彷彿とさせるアレクサンドル・デスプラによるスコアの素晴らしさ。特に彼の音楽はこの映画程の超大作ははじめてで、これをきっかけにハリー・ポッターの最終作を担当したりと一気に有名になったり。

この不思議な世界を再現する技術や美術の実力は相当なものだったのに…
役者も素晴らしい人たちを揃えてきたし、製作費が巨額になるために逆の発想でいかにテンポよく引き込むかを念頭において、ややこしい世界観をシンプルに面白く見せてるのになぁ。

すべてよくしようと思ったことが裏目に出た映画だったと思う。
しかもそれらはすべて「悪いこと」なのではなく、「誰か」にとって圧倒的にマイナスポイントとして映るというなんとも残念な結果だったように思えてくる。

予定通りに2作目3作目が作られていたらなぁ…
この1作目の世間の評価もまったく違うものになっていただろうに。


ハリー・ポッター以降のファンタジーがぞくぞく出てきたうちの1作であり、
すばらしい技術を使って表現していたのに、CGが当たり前になっていた現代ではその良さが伝わりにくかったり、
重厚な物語をいかにシンプルに見せようとした結果、一部の人に重みがないと言われ、
ってか重厚さは2作目以降がないと、この1作目での本当の面白さは見えてこないだろと思ったり。

ほんと残念だ。
またいつか3部作すべてが映画化されたらなぁ。
今度はキリスト教に関わる様々な団体の圧力に屈せず、原作の良さをそのまま映画に出してくれたら、それはすごくいいものになるんだろうなぁ。

監督・脚本: クリス・ワイツ
原作: フィリップ・プルマン
音楽: アレクサンドル・デスプラ
出演:
ダコタ・ブルー・リチャーズ
ニコール・キッドマン
サム・エリオット
エヴァ・グリーン
ダニエル・クレイグ

ブルーレイ版スペック
映像:16:9 1080p High Definition
音声:
英語 7.1ch dts マスター・オーディオ
日本語 5.1chリニアPCM
字幕:英語、日本語、吹き替え字幕
エンコード: VC-1 50GB

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。