FC2ブログ

Missing~座敷童の物語~

本→Missing
07 /08 2005
Missing

座敷童の物語
続・座敷童の物語
座敷童の物語・完結編
甲田学人
電撃文庫
missing9-11.jpg


あらすじ
学園の七不思議は解かれ、魔女はこちらの世界へと帰還した。
彼女を慕うものたち、異界より帰還した者たちと共に。
魔王様・空目の思惑
魔女の思惑
黒服たちの思惑
様々な想いを乗せた物語は転へと移行し、結末へ向かって加速する。

Missingの9巻から11巻。
次の神降ろしの物語で完結。

ラスト直前なので感想は一切なし。

今回のお題は神隠し。
魔女が帰還した、異界から帰ってきたということで。

人が忽然と姿を消して戻ってこなかった。
もしくは姿を消してから何年もしてから戻ってくるが容姿がその時のままだった。
いわゆる神隠し。
後者は語ると長いので前者について。
日本で身分の格差が激しかった時代。
お上から多くの税をとられ、ただ食べていくことしかできなかったとき。
農民たちは学ぶこともできず土地に縛られ続けた。
そんな人たちにとってその土地を離れず領主のために働き続けたのは何故なのか。
外の世界を知らなかったからではないだろうか。
学ぶことができなければ自分たちのコミュニティ以外のことを知る術はない。
それゆえに一箇所に留まり続ける。
神隠しは外の世界へ出たために起ったことといえなくはないだろうか。

魔女はそういった「別世界」から「こっちの世界」へ帰ってきた。
外の知識をこちら側に運んだ。
こちら側では理解できないこと、信じられないような常識外のこと。
それらを「こちら側」に持ってきた魔女の想い描く世界とは一体なにか!?
最後の物語へと続く。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。