【コミック】迷宮百年の睡魔

メフィスト賞→森博嗣
08 /24 2012
迷宮百年の睡魔
Labyrinth in Arm of Morpheus

原作:森博嗣
作画:スズキユカ
全1巻
迷宮百年の睡魔 (幻冬舎コミックス漫画文庫 す 1-2)迷宮百年の睡魔 (幻冬舎コミックス漫画文庫 す 1-2)
(2007/09/21)
森 博嗣

商品詳細を見る

「次はいつ会えるかな って」
「今 会っているのに もう次の心配?」

迷宮百年の睡魔』本文より

森博嗣の『迷宮百年の睡魔』のコミカライズ。
文庫版で再読。

前作の生きることそして死ぬこと、そして自己存在について描かれた。
そして今度は眠ること、意識そのものの存在について詩的に哲学的に描かれてた。

あんだけ長い物語をこんだけ短くも本質的に切り取り見て理解させてくれる内容に仕上がっていることが、本当に驚きだ。

頭脳と肉体が別にあるミチルが出くわす今回の事件。
そもそも意識とは肉体とはなんであるのか。
ある種の人間の本質的なところを、限定的かつ荘厳な舞台をもって語られていく神秘性も引き込まれるなぁ。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。