FC2ブログ

【ミステリ】腕貫探偵 残業中

本→西澤保彦
09 /23 2012
腕貫探偵 残業中
西澤保彦
カバーイラスト:平沢下戸
実業之日本社文庫
腕貫探偵、残業中 (実業之日本社文庫)腕貫探偵、残業中 (実業之日本社文庫)
(2012/06/05)
西澤 保彦

商品詳細を見る

「にしても、辛いわな。真相を暴く者が関係者に恨まれるのもありがちとはいえ」
「当然の反応でしょう」最後の最後まで市役所男は冷静だった。「一般的な市民にとって役人の杓子定規ぶりは、彼らの常識に馴染むものではありませんからね」

腕貫探偵 残業中』本文より

腕貫探偵』2冊目。短編集。

ああ。この1話目の内容から腕貫さんが事件に巻き込まれ、安楽椅子探偵じゃなかったぞ、いやいやでもいつもの市役所の男だよなと前巻のような腕貫さんを予想していたら、もう腕貫さんがかわいくてかわいくて。
まさかこんなことになるとは。

事件自体も人から聞いて解決してという、でも時間外での解決ばかり。
だからか、腕貫さんのプライベートがどんどん出てくるという。
しかも今回腕貫さんにある意味惚れちゃうというか惚れてるよなという女の子が出てきたり。

そうそう。
ミステリとしても非常に秀逸なのだが、時間外ということもあり食事シーンがすごくおおい。
またその美味しそうなことといったらない。


今回でこのシリーズに惚れた。
前巻もすごく面白かったが、前巻と違うスタイルも取り入れながらこの腕貫さんと周りの人たちの日常をも描写していく様は、すごく楽しいものでした。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。