【コミック】東京BABYLON 文庫 2

コミック→CLAMP
10 /23 2012
東京BABYLON
CLAMP
サウス連載
文庫版全5巻
東京BABYLON―A save for Tokyo city story (2) (ウィングス文庫)東京BABYLON―A save for Tokyo city story (2) (ウィングス文庫)
(2000/11/10)
CLAMP

商品詳細を見る

『他人』には『被害者』が受けた本当の『傷』は絶対に分からない

東京BABYLON 2』本文より

文庫版2冊目。

陰陽術の応酬もさることながら、人の心の傷にそっと寄り添っていく。
今回の「CALL」の特別に見られたいという寂しい少女たちや、子どもを殺された親の呪うという復讐。
彼らの傷が原因となって事件が起きていくわけだけれども、昴流の相対の仕方が優しい。
この優しさが、星ちゃんと対比するかのように進んで行くというメインのストーリーにもすごく関わってくるし、優しいからこその他人の傷がものすごく見えてくる。

後半の子供を殺された親が受けた一般の人やマスコミから受けた心の傷なんかも、今もなおいくらでも聞く話なんだよな…
いや、この東京BABYLON以降でどれだけ存在してたことかと考えると、この当時にかなりセンセーショナルなことを描いていたんだな…

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。