FC2ブログ

【コミック】BASARA 文庫 10

コミック→BASARA
12 /28 2012
BASARA 文庫 10
田村由美
別冊少女コミック連載
文庫版全16巻
BASARA (10) (小学館文庫)BASARA (10) (小学館文庫)
(2002/06)
田村 由美

商品詳細を見る

更紗
わたしはもう
誰も恨んではいませんよ

BASARA 文庫 10』本文より

ついに戦場で出会った運命のふたり。
いままではお互いの想う相手として、しかし戦場で出会った時にはお互いの敵であり仇。

ああ、もうこのシーンが見たいがために、そしてどうなるのかが見たかったんだよ!
浅葱じゃないけれども、この皮肉な運命をどう乗り越えていくのか。

失意の中で再び彼らは彼らの道をめざし始める。

特に更紗の絶望感とそこからの復活の流れは素晴らしいの一言だった。
これまでの朱理と出会い、赤の王への復讐という原動力で生きてきた彼女が触れる「赦す」ということ。
以前に剣じゃなく筆で戦う新聞記者たちとの邂逅があり、そのうえで自分と同じ立場のはずの母との再会がこれほど大きい出来事になろうとは。

更紗のタタラとして再び歴史の大舞台に戻る大きな出来事だったな…

しかも、そこに同席させたのが浅葱の部下の菊音というのがまた。
いままでも一筋縄ではいかない人物が多い浅葱の部下だけに、どういう人物になっていくのかが楽しみだ。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。