FC2ブログ

【小説】子供たち怒る怒る怒る

メフィスト賞→佐藤友哉
09 /15 2013
子供たち怒る怒る怒る
佐藤友哉
新潮文庫
子供たち怒る怒る怒る (新潮文庫)子供たち怒る怒る怒る (新潮文庫)
(2008/04/25)
佐藤 友哉

商品詳細を見る

「解ってるよ。そんなこと、口に出さなくても解ってる。ぼくたちの考えは間違ってない。ぼくたちの行動は正しい。ぼくたちの怒りは当たり前だよ」

子供たち怒る怒る怒る』本文より


8年か9年ぶりに再読。
子供たちと基本的に死体と。
または子供と暴力だったり、性だったり。
大人のいない、大人が頼れない、大人が怒りの対象である世界である子供たちだけの世界。
狭い狭い世界で感じて怒って行動する。

大人になってから、こういう子供らしくない話を読むとよくよく考えると大人や社会に対しての子どもなりの怒りって確かにあったんだよな…
でも大人になると忘れてる。
そして子供なりの世界ってやつをいつの間にか理解できなくなってることこそがホラーだよな…

この本の持つ異常な描写が続く内容を子供視点で見せてくれるというのはなんとも稀有な体験。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。