FC2ブログ

【ミステリ】永遠の館の殺人

メフィスト賞→黒田研二
07 /17 2005
永遠の館の殺人
二階堂黎人 & 黒田研二
カッパノベルス
永遠の館の殺人 (カッパノベルス)永遠の館の殺人 (カッパノベルス)
(2004/07/21)
黒田 研二二階堂 黎人

商品詳細を見る

またもやスキー場で起こる惨劇。
遭難したカップルは不思議な違和感のする館へと辿りつく。

黒田研二が館パートを描き、
二階堂黎人がサイコキラーのパートを描く。
一見すると全く違った話に見えるのだが、実は……。

キラーXシリーズ第3弾にして最終巻。
殺人鬼の壮絶な最後が描かれる。


感想を書きたい……が、ネタバレと直結してしまう。
ので以下反転。
反転してもページ上部で見えてしまうので、見たくない人は見ないように気をつけてくださいw


さて、この話のテーマは死です。もし「死」という概念を理解せずに育ってしまったら。
近年テレビゲームなどの影響で「死んでも生き返ることは可能」と思っている小学生もいるそうです。
アンケートの結果なので、真面目にかかない人がそう書いたと思いたいものです。
もし、実際に思っていたとしたら。
常識と思っていることが覆ってしまうと、人は信じようとしないものです。
歴史的観点から言えば中世魔女狩りなどはその最たる例でしょう。
高校生大学生になっても死というものを受け入れられない人が出てきたとしたら。
……想像ができないような世界になるかもしれません。



ネタばれ終了。
二つのパートが重なりあう瞬間というのは言葉にしがたい感動があります。
ミステリで騙されるのは大好きです。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。