FC2ブログ

【小説】星の海にむけての夜想曲

メフィスト賞→佐藤友哉
07 /27 2014
星の海にむけての夜想曲
佐藤友哉
星海社
星の海にむけての夜想曲 (星海社FICTIONS)星の海にむけての夜想曲 (星海社FICTIONS)
(2012/07/13)
佐藤 友哉

商品詳細を見る

夜空を見上げると一面の花。地面には屍体の山。

星の海にむけての夜想曲』本文より


佐藤友哉の『星の海にむけての夜想曲』。
うん、もうこの書き出しがまた佐藤友哉の世界だな、っと。
少し違う世界で、でもいっぱい少女の死体が出てくる。
狂った世界で生きている人たちの当たり前のように花粉で狂って殺し合い、そんな花粉症発症者を殺す人たち。
花粉のせいで地下に潜って生きなければいけなかった人たちというなんとも世紀末的な。
もはや人類に居場所がなく、太陽も月も星もない世界で、地上に出れば殺されるときたもんだ。

ずっと星空を知らなかった人たちの純粋に空を見たい。
登場人物たちのその想いがなんとも美しいねぇ。
狂おしさもあいまって。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。