FC2ブログ

【映画】ジーザス・クライスト=スーパースター

映画→映画(2000~2004)
03 /08 2015
ジーザス・クライスト=スーパースター
JESUS CHRIST SUPERSTAR

(2000)
ジーザス・クライスト=スーパースター (2000) [Blu-ray]ジーザス・クライスト=スーパースター (2000) [Blu-ray]
(2013/05/22)
ジェローム・プラドン、グレン・カーター

商品詳細を見る

Don't let me stop your great self-destruction.
Die if you want to, you misguided martyr.
I wash my hands of your demolition.
Die if you want to you innocent puppet!

本編より

日本未公開の『ジーザス・クライスト=スーパースター』。
73年の映画から27年後に再映画化。
前作がアルバムを原作としているのに対して、この映画は舞台を原作にしている。
それゆえに曲も若干違うものがあったりなかったりもしているわけだが。

73年と00年と12年。
ブルーレイは3つあるけれども、どれを見てもまったく違う感想。
主人公は73年はジーザス、12年のアリーナ版はユダだし、この00年はジーザスとユダとピラトの3人のような気がする。

現代的なモチーフから少しずつジーザスに神格が宿っていくような演出であったり、ユダとジーザスの関係や対峙する目のやりとり。
ジーザスが群衆から望まれたように、ピラトもまた群衆によってジーザスの処刑に大きくかかわることになる。
ジーザスとピラトがほぼ似たような演出である意味で人々や神のあやつり人形のように行動してしまっている悲しさもにじみ出てる。

3つの中でもっとも人間関係が面白く描かれているような気がする。
それに舞台をしっかりと意識し、舞台を多く手がけた監督であり出演者たちの解釈もこの時点でももう昇華されつつあるようなものになっているのも面白い。

アリーナ版はここからさらにアリーナならでは、その時である2012年を共有する演出こそが魅力だよなぁ。

演出: ゲイル・エドワーズ
作詞: ティム・ライス
作曲: アンドリュー・ロイド・ウェバー
出演:
グレン・カーター
トニー・ヴィンセント

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。